1. TOP
  2. スペイン巡礼 ベストシーズン
  3. スペイン巡礼のベストシーズン 季節は?

スペイン巡礼のベストシーズン 季節は?

スペイン巡礼をするベストシーズンはいつ?どの時期がいいのか検討してみよう!

春夏秋冬どの季節にカミーノを歩くべき?

 

スペイン巡礼路(カミーノ)を歩きやすいシーズンはいつでしょうか?

春夏秋冬さまざまな顔を見せてくれるスペイン巡礼路ですが、それぞれの季節の魅力についてスペイン巡礼路を6回訪れたことのあるMiyukiがお伝えいたします。

[全てのアルベルゲ一覧] 地図 写真 料金 詳しくはこちら

 

スペイン巡礼 春の季節(3月〜5月)に歩いたら?

 

主な巡礼路はスペイン北部に位置しています。

標高の高い丘や山も越えますので、寒さ対策が必要です。山間部は5月でも雪の降ることもあります。

4月は特に雨が多く天候が安定していません。寒い雨の中巡礼路を歩くのは大変です。

 

ただ巡礼者が少ないので、宿泊施設(アルベルゲ)はスッカスカで、どのベッドを使うかも選び放題です。

ただ、10月、11月から5月までクローズしているアルベルゲもあります。

 

アルベルゲの争奪戦を繰り広げる必要がない代わりに、巡礼路を歩く人数が少ないので、道中にあまり歩いている人を見かけないことになります。

自分のペースでゆっくりスペイン巡礼路を歩くことができます。

 

反面、人っ子一人いないところを歩いていると、「この道で合っているのかな?」と少し不安になることもあります。

天気が悪い日は少し孤独感を感じる巡礼になるかもしれません。

 

 

スペイン巡礼 夏の季節(6月〜8月)に歩いたら?

 

6月頃からスペインの日差しは強くなってきます。

夏休み時期に突入すると世界中から来たたくさんの若者が歩いています。

カミーノが一番賑やかなハイシーズンです。

全てのアルベルゲやバーがオープンしています。

 

若者が多いのでとっても賑やかな歩きが出来るでしょう。

歩いているうちに固い絆で結ばれたチームが出来上がっていきます。フ

ェイスブック等でずっと友達関係が続くことになると思います。

欧米では「ライン」ではなく「WhatsApp」を使う人がほとんどなので、WhatsAppをダウンロードしておくと、スペイン巡礼路でも連絡がとりやすくなります。

 

スペインの暑さは想像を絶するものがあります。

日陰のない道もありますので熱中症に注意しましょう。

水を多めに持ち歩くこと、塩分も取ることです。

巡礼は西に向かって進むので、みんな左側だけ腕と足の日焼けがすごいです!笑

 

それから西に向かって進むのでサングラスは必須ではないです。

多くの欧米人はサングラスをしていませんし、アジア人もあまりサングラスをしている人は少ないです。

 

また、日陰や石造りの家の中に入るとヒヤリとして涼しいです。

真夏でも朝晩は冷えるので、薄めのウインドブレーカー、パーカー等が必要です。

 

暑さを避けるために、みんな夜の明けぬ5時、6時頃から歩き始め、お昼過ぎまでには目的地の村に到着するようにしています。

午後の歩きは暑すぎるので大変きついです。

 

それから、人が多すぎてアルベルゲに泊まれないこともあります。

そんな時は、別のアルベルゲを探したり、5km先の次の村まで歩く羽目になるということも。

また近くの体育館のような施設を開けてくれる村もあります。

この写真はアルベルゲに泊まることができなかった人向けに解放された体育館。

 

最近は私営のアルベルゲも増えてきていています。

最終地の「サンティアゴ・デ・コンンポスティーラ」の手前100kmくらいは巡礼者の数がかなり増えるので、私営のアルベルゲを朝のうちに予約する人も多いです。

サンティアゴ・デ・コンポスティーラの手前100km以前の村までは、ほぼほぼ、どれかアルベルゲが空いているので泊まれます。

 

 

基本的に早い者勝ちなので、アルベルゲがオープンする2時間くらい前からリュックを置いて順番取りをしています。

こんな光景は真夏だけです。

アルベルゲにチェックインできるのは13時〜14時くらいです。

アルベルゲのオープンを待っている巡礼者。リュックを置いて順番取りをしています。

 

スペイン巡礼 秋の季節(9月〜11月)に歩いたら?

 

夏休みが終わると一気に若者の数が減り、退職した年配の方も多く見られるようになり落ち着いたカミーノ歩きができます。

スペインの9月、10月の昼間はまだまだ暑く日差しも強いですが、真夏に比べるとかなり楽に歩く事ができます。

 

山間部(ブルゴス手前やレオン以降)では、9月でも天気の悪い日はダウンが必要なくらい寒いです。

 

10月中旬までは、天気が良い日だと真っ赤に日焼けをしてしまうほどです。

一方、朝晩の冷え込みはかなり寒くなります。

10月でも、天気が良い日は1日でこれくらい日焼けしました。

それでも朝晩は軽めのダウンを着るほどの冷え込みになります。

 

 

11月になると急に寒くなりますので寒さ対策をして歩くべきです。

温度調節ができるように重ね着をおすすめします。

 

巡礼者の多い時期だけオープンしているアルベルゲは、10月いっぱいで閉まるところも出てきますが、巡礼者の数を考えるとアルベルゲには余裕で泊まることができます。

夕方遅くに着いてもベッドは空いているので焦らずゆっくり歩いても大丈夫です。

 

10月ごろ、暑くもなく寒くもない秋晴れの巡礼路を歩くと、こんなにも巡礼って楽なんだ!?と思ったことがあります。

それほど、スペインの日差しは強く真夏の暑さはすごいです!

 

スペイン巡礼 冬の季節(12月〜2月)に歩いたら?

 

スペイン北部の寒さは厳しくて雪が降ることも多いです。

山道では吹雪等で道に迷わないように気をつけましょう。

 

日によって歩きやすい時もあるとは思いますが、帽子、ネックカバー等の寒さ対策をきちんとして暖かい格好で歩くと良いです。

冬は着替えが多いのでリュックがかなり膨らんでしまいます。

真夏はTシャツ一枚で済みますので、やはり冬は夏に比べて荷物が増えます。

 

洗濯物に関しては、水で手洗いするのは苦しくなるでしょう。

下着のみをシャワールームでササっと洗ってしまってベッド脇に干すか、洗濯機や乾燥機を使用すると楽です。

巡礼者の洗濯事情 詳しくはこちら

 

ほとんどの宿泊施設(アルベルゲ)に洗濯機と乾燥機はあります。使用料は各3ユーロほどです。

 

宿泊施設(アルベルゲ)はスッカスカですので、宿の施設をゆっくりと使うことができます。

ただし、冬場はクローズしているアルベルゲもありますので注意してください。

アルベルゲの数が少ない小さな村では、アルベルゲがオープンしていない場合、寒い中泣く泣く次の5km先の村まで歩くという羽目になります。

 

冬は巡礼者が少ないので、巡礼者同士仲良くなる密度も高いです。

 

スペイン巡礼おすすめのシーズンは春と秋!たくさんの友達を作りたいなら夏!

 

スペイン巡礼は毎日20km以上を歩くので、暑くない季節がおすすめです。

涼しい時の歩きは楽ですから。

強い日差しがないと楽々歩くことができます。

 

ただ、洗濯やシャワー時、着替えの量を考えると夏が楽です。

真冬に寒さをこらえながら歩くのは修行に近いものがあるかも。

 

個人的には10月初旬がベストだと思います。

巡礼者の数も多くもなく少なくもなく、暑い日もあるけど涼しくて快適!だからです。

朝晩は冷えるのでダウン必須です。

 

若者が多いのは断然夏休み期間です。

世界中から集まってきているので、世界中に友達ができることになります。

歩いているうちにチームができていき、それはそれは楽しそうにしています。

巡礼中にできた仲間は一生の友達となることでしょう。

 

さて、どの季節にスペイン巡礼路「カミーノ」を歩きたいですか?

それぞれの季節の良さがあります。お好きな季節でスペイン巡礼路歩きを楽しんでくださいね。

 

カミーノに4回行った私が選ぶ靴 詳しくはこちら

アルベルゲってどんなところ?徹底分析 詳しくはこちら

サンジャンピエドポー 巡礼事務所について 詳しくはこちら

巡礼者の1日の過ごし方 アルベルゲ到着後編 詳しくはこちら

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

スペイン巡礼の旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スペイン巡礼の旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • スペイン巡礼 杖、スティックは必要か?

  • アルベルゲ一覧 スペイン巡礼「フランス人の道」にある全てのアルベルゲ 地図 場所 行き方 写真

  • スペイン巡礼者の夜は早い!22時の消灯に怯える?巡礼者の1日 夜の寝支度編!

  • スペイン巡礼 靴 カミーノに4回行った私が選ぶ靴 巡礼の準備

  • スペイン巡礼 巡礼宿アルベルゲのシャワー事情

  • [ナヘラの観光情報] マドリード、バルセロナからナヘラへの行き方 スペイン巡礼の街ナヘラ