1. TOP
  2. スペイン巡礼路の街 観光情報
  3. スペイン巡礼上にある世界遺産 行き方 カミーノを歩きながら世界遺産も訪れたい!

スペイン巡礼上にある世界遺産 行き方 カミーノを歩きながら世界遺産も訪れたい!

目次

スペイン巡礼上や、巡礼路近くにも幾つかの世界遺産があります。行き方について。

世界遺産は1073件登録されていますが、スペインには46件あり、イタリア53件、中国52件に次いで第3位の世界遺産数の多さです。

せっかく世界遺産の近くを歩いているのですから、巡礼中に世界遺産に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

スペイン巡礼5回経験者のMiyukiがお伝えします。(2019年2月の情報です)

 

世界遺産 サンティアゴ・デ・コンポスティーラの巡礼路

最初に挙げるのは、サンティアゴ・デ・コンポスティーラの巡礼路

 

巡礼路自体が世界遺産に登録されています。

これは、スペイン国内の巡礼路だけではなく、フランスの路や巡礼路上にある全ての建物や文化財も対象となっています。

スペイン巡礼は、世界遺産の道を歩く旅なのです!なんて素敵!

スペイン巡礼路上にたくさんの世界遺産があります。

 

日本とスペインが交差する!二つの道の巡礼!熊野古道とサンティアゴ・デ・コンポスティーラ巡礼路!

日本の歴史ある熊野古道も同じく道としては世界遺産に登録されていますが、「道」が世界遺産となっているのは、スペインのサンティアゴ・デ・コンポスティーラの巡礼路と日本の熊野古道の二つだけです。

熊野古道のある和歌山県と、サンティアゴ・デ・コンポスティーラ巡礼路の終点サンティアゴ・デ・コンポスティーラのあるスペインガリシア州は観光交流協定を結んでいます。

また、「二つの道の巡礼」として共通巡礼手帳もあり、熊野古道とサンティアゴ・デ・コンポスティーラ巡礼路の二つを達成できたら、「二つの道の巡礼者」として登録してもらうことができます。

 

 

世界遺産 サン・ミジャン・ユソとサン・ミジャン・スソの修道院群 行き方

巡礼を1日だけ中断して、サン・ミジャン・ユソ修道院とサン・ミジャン・スソ修道院を訪れてみてはいかがでしょうか?この山中にある世界遺産にわざわざ訪れることは、なかなか難しいと思います。

サン・ミジャン・スソ修道院は、10世紀ごろに建てられた歴史ある修道院です。その数百メートル下にあるのがサン・ミジャン・ユソ修道院ユソ修道院は16~18世紀に建てられたものです。

サン・ミジャン・ユソとサン・ミジャン・スソの修道院群には、最古のスペイン語が書かれていたり、6世紀ごろに建てられた教会もあり、古い歴史を感じさせてくれる世界遺産です。

●サン・ジャン・ユソとサン・ジャン・スソ修道院への行き方

スペイン巡礼路上の村、「ナヘラNajera」からバスやタクシーを使って1時間ほどで訪れることができます。

サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサーダSant Domingo de la Calzada」からも行くこともできます。

 

 

世界遺産 アタプエルカ原人の遺跡 行き方

ブルゴスBurgos」の20km手前の村「アタプエルカAtapuerca」には、世界遺産 アタプエルカ原人の遺跡があります。

約30万年前の人体や、人が住んでいた洞窟などの遺跡が発見された村です。ヨーロッパでは最古の人類だと云われています。

現在でも発掘作業が行われています。洞窟や発掘場所を見学することができます。資料館は必見です。

ブルゴスからツアーに参加することもできます。詳しくは、ブルゴス市内のインフォメーションセンターまで。

●アタプエルカへの行き方

アタプエルカAtapuercaは、スペイン巡礼路上にある村です。

ブルゴスBurgosの20km手前の村です。アタプエルカに1泊して遺跡見学をしてみてはいかがでしょうか?巡礼者用宿泊施設アルベルゲもあります。

 

 

世界遺産 ブルゴス大聖堂 行き方

   

巡礼路上では大きめの街である「ブルゴスBurgos」には、11世紀よりカスティージャ・イ・レオン王国の都が置かれていました。

ブルゴス旧市街の中心地には、世界遺産サンタ・マリア大聖堂があります。

英雄エル・シッドのお墓もあります。

ゴシック様式のカテドラルは、13~16世紀にわたって建てられました。

内部をじっくり見て回っていると、ため息が出るほど荘厳な教会で見飽きることがありません。透し彫りの天井、尖塔も必見です。

23個もの礼拝堂があり、「元帥の礼拝堂」が有名です。

巡礼者は見学料の割引があるので、巡礼手帳クレデンシャルを持っていくのを忘れないでくださいね。Peregreno(巡礼者)は、半額の3,5ユーロでチケットを買うことができます。

●ブルゴス大聖堂への行き方

ブルゴスBurgos旧市街の中心にあります。巡礼者用宿泊施設アルベルゲからも徒歩1分くらいの場所です。

ブルゴスには多くのBarやお店もあるので、巡礼の中休みとして2泊する巡礼者も多いです。田舎の村を歩いてきた巡礼者にとっては久しぶりの大きな町となります。

巡礼者用宿泊施設アルベルゲには1泊しかできないことになっているので、2泊目は違うアルベルゲに泊まれば大丈夫です。安いホステル等もたくさんあります。

マドリード、バルセロナからブルゴス大聖堂への行き方  詳しくはこちら

 

 

世界遺産 サンティアゴ・デ・コンポスティーラ 行き方

スペイン巡礼の最終目的地 サンティアゴ・デ・コンポスティーラ旧市街は、1985年に世界遺産に登録されています。

この石畳が続く旧市街を、昔から多くの巡礼者が大聖堂を目指して歩いて行ったのです。

聖ヤコブの遺体が見つかった跡地に建てられたカテドラルは、巡礼者を優しく迎え入れてくれます。

サンティアゴ・デ・コンポスティーラをひたすら目指して歩いてきた巡礼者たちは、大聖堂を目の前に見て、歓喜の涙にくれるのです。

●サンティアゴ・デ・コンポスティーラへの行き方

サンティアゴ・デ・コンポスティーラへ直接行く場合は、マドリードからバス、電車がたくさん出ています。

近くに空港もありますので、マドリードやバルセロナ等主要な都市から空路で行くことも可能です。国際線もありヨーロッパの様々な都市から乗り入れしています。

 

なお、サンティアゴ大聖堂の修復工事は2020年7月完成予定です。

それまでは、大聖堂の外観にはシートがかけられていたり、出入り不可のところもあります。

サンティアゴ・デ・コンポスティーラからマドリード、バルセロナ、パリへの移動 詳しくはこちら

 

 

世界遺産 金鉱跡ラス・メードゥラス 行き方

ローマ帝国時代に金を掘り出していた跡地です。

大量の水を流して山の穴を掘った跡が綺麗に残っています。南北5km×東西5kmほどの広さです。

約2000年も昔に、水の力を利用して壮大な工事を繰り返して金を掘り出していたようです。ローマ時代の採掘方法に注目です。

採掘した跡地は、人口のグランドキャニオンのように見えます。必見です。

●ラス・メードゥラスへの行き方

ラス・メードゥラスはスペイン巡礼路上の「ポンフェラーダPonferada」の南西約25kmのところにあります。

ポンフェラーダからタクシーで40分ほどかかります。料金はおよそ35ユーロほどです。タクシー代金は先に交渉しておくと良いです。

 

 

世界遺産 ルーゴのローマ城壁 行き方

高さ10m、全長2117mのローマ城壁がルーゴの旧市街をぐるりと取り囲んでいて、城壁の上を歩くことができます。

ルーゴはローマ時代に軍事都市として発展しました。

263年から276年にかけて城壁が作られました。

●ルーゴへの行き方

ルーゴへは「サリアSarria」からバスで行くことができます。サリアのバスターミナルは旧市街から少し離れていて徒歩で約15分ほどかかります。

 

 

「フランス人の道」以外のスペイン巡礼路近くにある世界遺産

 

 「北の道」 世界遺産 ビルバオのビスカジャ橋

ビルバオのネルビオン川にかかっているビスカジャ橋は、吊り下げられたゴンドラで人や車を運ぶ世界最古の運搬橋です。

バスク地方ビルバオは世界有数の美食の街でもあります。Barでいただくピンチョスは最高に美味しくて、様々なBarをはしごして楽しむ事ができます。私も3泊してBarを堪能しました!

 

「北の道」 世界遺産 アルタミラの洞窟とスペイン北部旧石器洞窟美術

アルタミラ洞窟の天井に描かれた牛やイノシシの絵は有名です。

旧石器時代に描かれたもので、約18000年前、約16000年前に描かれたもの等があります。

劣化が激しいので残念ながら非公開となっていますので、アルタミラ博物館でレプリカを見ることができます。

 

 

 

「北の道」 世界遺産 オビエドとアストゥリアス王国の建造物群

スペイン北西部にあるオビエドの地に、8世紀ごろ、アストゥリアス王国が修道院や聖堂を建築しました。

 

 

 

「イギリス人の道」 世界遺産 コリューニャのヘラクレス塔

ヘラクレスの塔は、ローマ建築の灯台と、巨大な石像からなる世界遺産です。

1900年もの間、この灯台は航海を見守り続けてきたのです。必見です!

 

「銀の道」 世界遺産 セビリアの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館

セビリアの大聖堂は、世界で3番目に大きな聖堂です。

アルカサルは、王宮として増改築を重ねられるうちに様々な様式を取り入れた建物となっていきました。

インディアス古文書館には、スペイン帝国時代の世界交易の資料が保管されています。

 

「銀の道」 世界遺産 メリダの考古遺跡群

ローマ時代の遺跡がたくさん残されています。

円形劇場、水道橋など29個の古代遺跡があり、スペインに於いて古代ローマ時代の名残をたくさん見ることが可能です。

 

「銀の道」 世界遺産 カセレス旧市街

城壁に囲まれた中世に作られた街並みです。交易の拠点として発展していきました。

 

「銀の道」 世界遺産 サラマンカの旧市街

スペイン最古の大学サラマンカ大学や、中世の大聖堂、修道院等が残されており、サラマンカ旧市街は大変美しい街です。

 

スペインは世界遺産の宝庫!スペイン巡礼中に世界遺産を訪れて楽しんでみては?

これほどスペインには世界遺産が豊富に揃っています。

それから、世界遺産ではありませんが、サンジャンピエドポーはフランスの最も美しい村に登録されました。

 

スペイン巡礼の傍ら、世界遺産にも是非足を伸ばしてみてくださいね!

 

\ SNSでシェアしよう! /

スペイン巡礼の旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スペイン巡礼の旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • スペイン巡礼中の洗濯はどうしているの?巡礼者の洗濯事情

  • アルベルゲ一覧 スペイン巡礼「フランス人の道」にある全てのアルベルゲ 地図 場所 行き方 写真

  • スペイン巡礼とはどんなもの?カミーノを800km自分の足で歩く理由!魅力いっぱいのスペイン巡礼路を歩いてみた!

  • スペイン基本情報 スペインのコンセント、プラグ、電圧は?

  • スペイン巡礼 杖、スティックは必要か?

  • スペイン巡礼中の貴重品の管理方法 現金、パスポート、スマホ、クレジットカード