1. TOP
  2. スペイン巡礼者の食事
  3. スペイン巡礼中の朝ごはん!巡礼者はどこでどんな物を食べている?カミーノの朝ごはん編

スペイン巡礼中の朝ごはん!巡礼者はどこでどんな物を食べている?カミーノの朝ごはん編

スペイン巡礼中は、どこでどんな物を食べているのでしょうか?

食料は手に入るのか?レストランはある?自炊できる?

 

やっぱり食べ物は気になります。

まずは朝ごはん編を、スペイン巡礼に5回行ったMiyukiがお伝えします。

 

カミーノの昼ごはん編はこちら

カミーノの夜ごはん編はこちら

 

巡礼者の朝が早すぎ!暗いうちに歩き始めるって本当?

 

本当です!

夏場の巡礼者は、朝超早く起きて薄暗い中、あるいは真っ暗な中歩き始めます。

 

スペインの夏の日差しは想像を絶するものがあり、灼熱の太陽の日を受けながら日なたを歩くことは難しいからです。

そのため、みんな朝4時~5時、少なくとも6時ごろには起きて、暗い中をヘッドライトを頼りに歩き始めるのです。

 

冬場になると、寒さがあるのでゆっくりめに出発していますが、それでもみんな朝が早いです。

 

もちろん、中にはお寝坊さんもいますし、自転車で巡礼している人は比較的朝がゆっくりです。

しかし、巡礼者用宿泊施設アルベルゲは朝8時までには出て行かないといけません。必然的に8時までには出発することになります。

 

巡礼者の1日 朝の支度の様子について詳しくはこちら

 

巡礼者は朝ごはんはどうしているのか?

 

巡礼者用宿泊施設アルベルゲに泊まったみなさんは、本当に朝が早いのです。

では、朝ごはんはどうしているのでしょうか?

毎朝、どこで何を食べているのでしょうか?

 

アルベルゲのキッチンで朝ごはんを用意して食べる

 

基本的に自炊をしている人も多いですし、朝ごはん用に前日にスーパーで買い物をしている人も多いです。

大きな街になるとちゃんとしたスーパーがあるし、巡礼者だけでもっているような小さな村にもお店があるので簡単な食料は手に入ります。

アルベルゲのキッチンにある冷蔵庫も使えるので、ミルクやジュースを冷やしておくこともできます。

 

巡礼者たちは、朝起きてコーヒーやカフェオレを入れたり、卵料理、サンドイッチを作ったりしています。

お湯だけ沸かしてインスタント物を食べる人もいます。

前日にご飯を炊いておにぎりを作っておき、朝ごはんとして食べる日本人もいました。

 

リビングで、飲み物だけ飲んだり、フルーツだけ食べたりしている人もいます。

朝、支度が終わった人から順々に出発していくので、洗面所もキッチンもリビングもさほど込み合うことはありません。

 

巡礼路上で最初に見つけたBarに入る

 

とりあえず支度が終わったら出発して、最初に見つけたBarに入り、コーヒーやサンドイッチ、クロワッサン、チョコクロワッサン、オレンジジュース等を朝食とする人も多いです。

 

スペインのBarでは、生のオレンジを絞ってくれるところも多いです。

また、カプチーノみたいなコーヒーを「カフェコンレーチェ」と言います。美味しすぎです。

それから、「コラカオ」というココアがどのBarにもあります。ココアの粉が入った小袋と温めたミルクが一緒に出てきます。

 

料金はコーヒー類が1,2ユーロから1,5ユーロくらいで、これにパンをつけて3ユーロほどです。

 

アルベルゲの近くには、Barが何軒もあるところが多く、たくさんの巡礼者で朝から賑わっています。

ただ、朝早い時間にBarがオープンしていないこともあります。

早いところだと6時頃から開店しているのですが、7時、8時にオープンするところもあります。

 

また、巡礼路を行けども行けども開いているBarがなくて、泣く泣く所持していたお菓子で空腹を満たすこともあります。

夏場しか営業していないBarもあるので注意が必要です。

こんな時のために、フルーツや非常用の栄養スティック等を持ち歩くのをお勧めします。

 

宿泊施設アルベルゲの朝ごはんを食べる

 

アルベルゲによっては朝ごはんを提供しているところもあります。

たいていのところが3ユーロで、コーヒー、ミルク、ジュース、フランスパンや食パン、甘いマドレーヌみたいなものをセルフ式で食べることができます。

ホテルのような、卵料理やサラダ、ハム、フルーツ等は置いてありません。

 

寄付制のアルベルゲで朝ごはんが用意されているところもあります。

宿泊代にご飯代も含めて、寄付金箱にお金を入れると良いです。

 

 

持っている食料を 巡礼路上の道端で食べる

 

昨夜の残りや、持っているパン等を歩いている途中で食べるのも美味しいです。

ベンチなど座れるところや、眺めが綺麗なところを見つけて、外で食べるのも楽しいです。

持ち歩きしている食料の重さが減るのも嬉しいものです。

その分、体の中に入るので体は重くなるのです。

 

 

スペインの朝ごはん

 

スペインの朝は、コーヒー、オレンジジュース、クロワッサンのような甘いパンかハムサンドイッチを食べるのが普通です。

ヨーロッパの人は男性でも甘いものをたくさん食べています。

 

テレビで見たのですが、日本は、お料理にみりんやお砂糖をたくさん使うので甘いデザートを食べる習慣がないとのことでした。

確かに、、外国の料理にはお砂糖を使いませんね。

だからなのか、ヨーロッパでは男性でも朝から甘いパンを食べている人が多いです。

 

巡礼中の朝ごはん

 

巡礼中の朝ごはんについてお伝えしました。

Barがいたるところにあって、朝からおいしいコーヒーを安く飲むことのできる、欧米のBar文化は日本にももっと浸透するといいなと思います。

巡礼中、白いご飯とお味噌汁、お漬物、焼き魚、梅干し、煮物、、、、たくさんのおかずのついた朝ごはんを食べたい!!と時たま和食が恋しくなるのです。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

スペイン巡礼の旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スペイン巡礼の旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • [ブルゴス大聖堂 ブルゴスの観光情報]マドリード、バルセロナからブルゴスへの行き方 スペイン巡礼の街ブルゴス 

  • スペイン巡礼中の夜ごはん!巡礼者はどこでどんな物を食べているの?カミーノの夜ごはん編

  • スペイン巡礼 費用 [最新情報] カミーノを歩く!およそ1ヶ月にいくらかかる?

  • スペイン巡礼 巡礼宿アルベルゲのシャワー事情

  • スペイン巡礼中の洗濯はどうしているの?巡礼者の洗濯事情

  • スペイン巡礼に5回行った私が選ぶ 実際使ってみてよかったオススメ無料アプリはこれ!6選!